UEC-Z07
Z80 CPUボード(TMPZ84C015搭載)

RS232Cインターフェース

ボーレートジェネレータ搭載

シリアルI/OポートのBチャンネルには、RS232Cレベルのドライバ・レシーバを実装していますので、システムの小型化に役立ちます。

ロープロファイルROMソケット

ROM・電池の取付けが内側向きのため実装時の高さを低くすることができるほか、埋め込み式ROMソケットを採用しているため本ボード下のスペースも有効に使用できます。

産業用ワンボードコンピュータ

マイクロコンピュータ応用システムに不可欠なRAMやシステムリセット、メモリーバックアップ回路やウォッチドッグタイマ等をカードサイズに内蔵していますので、短期で安価にシステム構築することができます。

消費電流

UEC-Z07
動作モード 標準 最大
RUN 45mA 90mA
STOP 30mA

表中の標準値は、25℃における実測平均値です。

測定条件
ROM:HM27C256AG-10
外部接続回路なし、ポートは全て入力モード

製品ラインアップ

UEC-Z07 東芝TMPZ84C015搭載
(システムクロック6.144MHz)
¥14,800(税抜)
UEC-EV07 開発用ボードセット
(UEC-Z07 + UEC-EV015)
¥29,800(税抜)
UEC-EV015 開発用ボードのみ
¥16,000(税抜)
UEC-MONZ80 モニタープログラム
¥4,000(税抜)
ROM ADAPTOR ロムアダプタ
¥2,000(税抜)

仕様

プロセッサ 東芝 TMPZ84C015BF
システムクロック 6.144MHz
ROM 27C256相当1個実装可能
RAM 32KバイトSRAM実装済
パラレルI/O 8ビット×2ポート (コアチップ内蔵PIO)
入出力およびストローブは10kΩプルアップ
カウンタ・タイマ 4チャンネル(コアチップ内蔵CTC)
シリアルI/O 2チャンネル(コアチップ内蔵SIO)
チャンネルBのTxD, RxD, DTR, CTSはRS232Cレベル
ボーレートジェネレータ 1チャンネル (75~19.2kbps)
バックアップ SRAMをリチウム電池でバックアップ
電池3V 280mAh
バックアップ電流:20μA最大(60℃)
基板外形サイズ 85.5×54.0×20.0mm
電源電圧 DC5V±5%
動作温度範囲 0~+60℃