HT3080
8port UART, RS232C/485/422/TTL

EXAR XR16L788搭載

XR16L788は16C550 互換レジスタをもつ8 ポートUARTデバイスです。16C550 から拡張された機能を活用して、多チャンネルのシリアル制御ソフトウェアの負担を軽減することができます。

RS232C/485/422/TTL※1に対応

各ポート独立にジャンパ設定でRS232C/485(422)/TTLレベルを切替できます。※2 485/422の切替はレジスタ設定で行い、485で使用する場合は、送信後自動的に送信ドライバをOFFにすることができます。

オートフロー制御

XR16L788はチャンネル毎に64バイトTx/RxFIFOがあり、FIFOのトリガレベルを設定して自動的にソフトウェアフロー制御やハードウェアフロー制御(RTS/DTR選択可能)を行うことができます。※3

ESD保護ドライバ搭載

15kVヒューマンモデルESD保護のデバイスを採用、システムの信頼性を高めます。

Linuxドライバ

HT1070およびArmadillo-9(アットマークテクノ)対応デバイスドライバを提供しています。

※1 TTLレベル出力にはRS485出力を使用します。TTLレベル入力はRS485のプラス側差動入力を使用し、マイナス側差動入力を約1.5Vに固定しています。RS485ドライバ、レシーバを経由せずに直接XR16L788の信号を使用することも可能です。

※2 RS485/422/TTLレベルで使用できる信号は各チャンネルのTXD/RXDのみです。

※3 Linuxデバイスドライバではサポートしていません。

 

製品ラインアップ

HT3080-U08 XR16L788使用8port UART
Rohs準拠
¥23,800(税抜)
HT3080-01 50極ヘッダ用コネクタ-Dsub9オス×4(DTE配列) 約25cm
Rohs準拠
¥3,000(税抜)

仕様

コントローラ XR16L788(EXAR)
RS232Cドライバ素子 TRS3243E(TIまたは相当品)
RS485ドライバ素子 MAX3089E(MAXIM)
I/Oアドレス 100h毎に設定可能(A8-11をジャンパで設定)
144バイトを占有
チャンネル数 8
I/Oアドレス 100h毎に設定可能(A8-11をジャンパで設定)
144バイトを占有
ボーレートジェネレータ 各チャンネル独立、コントローラ内蔵
RS232C:230.4kbps max.
RS485/422/TTL:460.8kbps max.
割り込み 全チャンネルで1つの割り込みを共有
IRQ2から7をジャンパで選択
基板外形サイズ 90.2×95.9mm(突起部含まず)
電源電圧 DC5V±5% 20mA
(ただし周辺回路無接続時のtyp.値)
動作温度範囲 -20~+70℃