HT3050 Hi-speed Link Systemセンター

ハイスピードリンクシステム

HLS(Hi-speed Link System)は、センターとサテライトで構成される、高速な1対N信号伝送システムです。
1つのセンターで最大63台までのサテライトを運用し、1008点入力・1008点出力を行うことができます。センターはサテライトをポーリングしており、全入出力をスキャンする時間はわずか1.9msです。(63サテライト,6Mbps,フルデュープレックス時)

サテライトを意識させないインターフェース

通信プロトコルはハードウェアで実現されており、各サテライトに対応するセンターのI/O ポートをリードライトするだけで、サテライトの入出力が実現できます。

省配線の実現

センター・サテライト間は、1ペアまたは2ペアのツイストケーブルで配線することができます。特に1ペア(2線)での配線は、応答速度よりも省配線を目的とする場合に適しています。

製品ラインアップ

型名 仕様等 RoHS 価格
HT3050-U00 Hi-speed Link System センター ¥18,900(税抜¥17,500)

仕様

コントローラ MKY33(ステップテクニカ)
系統数 2
接続最大サテライト数 63台(1系統には32台まで接続可能)
出力速度精度 ±0.1%以下(設定値に対して)
転送方式 フルデュープレックス/ハーフデュープレックス
ボーレート 3/6/12Mbps
最大伝送距離 各系統200m(6Mbps時推奨値)
スキャン応答時間 1.9ms(6Mbps,フルデュープレックス,サテライト63台接続時)
占有I/Oアドレス 2048Byte(16bitデコード,A[9:5]をジャンパ設定)
IRQ IRQ2から7をジャンパで選択
基板外形サイズ 90.2×95.9mm(突起部含まず)
電源電圧 DC5V±5%
動作温度範囲 0~+70℃

PAGE TOP ▲