HT1070とHT3040を組合せてご使用のお客様へのご案内

HT1070と接続するHT3040について

HT1070で動作するドライバおよび対象となるPCカードは16ビット接続を前提としており、HT3040-P01/C01は8ビットバスモデルのためそのままでは動作しません。以下の加工が必要です。

加工手順
Step1 CN2に40極スタックスルーコネクタを半田付けします。
Step2 JP1からJP5にジャンパポストを半田付けし、JPソケットを全て2-3側に取り付けます。
(ジャンパを使用せず、リード線等で直接各ジャンパの2-3をショートしても構いません。)
Step3 基板裏面でJP1~5の1-2間をショートしている0Ωチップ抵抗をはずします。

なお加工に必要な部品をセットにした製品、加工済みの製品をご用意しております。

HT3040-PCQ (¥12,600) PCカードインターフェース
HT3040-P01に16ビットバス接続に必要な追加部品をセットにしたものです。お客様にて半田付けが必要です。
[セット内容] HT3040-P01×1 40極スタックスルーコネクタ×1 3極ジャンパポスト×5 ジャンパソケット×5
HT3040-P02 (¥13,600) PCカードインターフェース
HT3040-PCQ加工済み品です
HT3040-CCQ (¥12,100) コンパクトフラッシュインターフェース
HT3040-P01に16ビットバス接続に必要な追加部品をセットにしたものです。お客様にて半田付けが必要です。
[セット内容] HT3040-C01×1 40極スタックスルーコネクタ×1 3極ジャンパポスト×5 ジャンパソケット×5
HT3040-C02 (¥13,100) コンパクトフラッシュインターフェース
HT3040-CCQ加工済み品です。